本文へスキップ

八王子市の行政書士事務所。遺言書作成、相続手続、家族信託、エンディングノートを専門に行っています。東京都八王子市・多摩市・日野市・町田市・稲城市・立川市のオフィス中島。

TEL. 042-678-0345

初回相談無料!お気軽にお問い合わせください

相続人の調査HEADLINE

相続できる人は誰?

相続手続に入る前提として、誰に相続する権利が発生するのかを知っておく必要があります。
相続できる人は遺言のある場合を除き、民法で定められていまして、次のとおりです。
配偶者 常に相続人
子(第1順位) 配偶者とともに相続人
直系尊属(第2順位) 子がいないときのみ相続人
兄弟姉妹(第3順位) 子もしくは直系尊属がいないときのみ相続人


戸籍上の配偶者は常に相続人になります。
ただし、内縁関係にあった方や離婚された方には、相続権は発生しない点に注意が必要です。
次に、本人に子どもがいる場合には、その子も相続人になります。
子は第1順位の相続人です。
実子であっても養子であっても、相続権に差はありません。
養子は、実親と養親の両方の相続人になることができます。
ただし、家庭裁判所の特別養子縁組によった場合には、実親の相続人にはなることができません。
本人に子どもがいない場合、直系尊属(本人の父母)が相続人になります。
直系尊属は第2順位の相続人となります。
さらに、子も直系尊属もいない場合、兄弟姉妹が第3順位の相続人として、相続権があります。

1.故人に子がいる場合(第1順位)

配偶者が1/2と子が1/2で相続することになります。
子は2人の場合、与えられた1/2をさらに均等に分配し各1/4となります。
実子も養子も差はありません。
また、配偶者が離婚や死別などで存在しない場合、あるいは内縁の妻である場合は、子が全部を相続することになります。
ちなみに、本人からみて未婚の相手との子は、非嫡出子といい、法定相続分は以前は半分でしたが、現在は、夫婦間の子と差はありません。

2.本人に子がおらず、父母(または祖父母)がいる場合(第2順位)

本人に子がいない場合や子が全員相続放棄するなどした場合、相続権は直系尊属(父母ないし祖父母)に移ります。
法定相続分としては、配偶者が2/3、直系尊属全員で1/3です。
配偶者がいなければ、直系尊属が全部を相続することになります。
ちなみに、父母が両方とも先に死亡していて、祖父母が健在の場合のみ祖父母に相続権がいきますので、注意が必要です。

3.本人に子がおらずかつ直系尊属が既に死亡している場合の兄弟姉妹の相続(第3順位)

本人に子と直系尊属がいない場合、あるいはいても全員相続放棄した場合は、本人の兄弟姉妹が相続人になります。
その場合の法定相続分は、配偶者3/4、兄弟姉妹全員で1/4です。
配偶者がいない場合には、兄弟姉妹が全部を相続します。

代襲相続という制度

相続人が子もしくは兄弟姉妹となるはずであるのに、既に死亡している場合などに、その者の子が代わりに相続人となることを「代襲相続」といいます。
代襲相続権を有すべき子が先に死亡していた場合には、「再代襲相続」としてさらに孫の代まで相続権は及びます。
ただし、兄弟姉妹の孫には、「再代襲相続権」はありません。
代襲相続には、このほか相続人が相続欠格者である場合と、相続人廃除となった場合にも該当します。
相続放棄の場合は、代襲相続にならない点にも注意が必要です。

相続人の捜し方

相続人を確定するには、被相続人の出生から死亡までの除籍謄本、改製原戸籍、戸籍謄本などを手に入れ、これを読みこなす作業が不可欠になります。
わかりきっている家族関係、相続人関係について、なぜわざわざ膨大な戸籍を集める必要があるのか疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、実際に被相続人の親族関係がどのようなものであるかということは、やはり客観的な証拠に基づいて証明する必要があります。
遺産相続という重要な権利義務関係を左右する事項であればなおさらです。

戸籍に基づいた調査をしないと、思わぬ相続人を見落としたりして、後々、遺産分割のやり直しを迫られたりすることは意外と多いのが実情です。
例えば、戸籍をどんどん遡って調査した結果、家族の知りえない被相続人の子どもが戸籍上存在しているということは意外と多いものです。
あるいは、その者が被相続人より先に死亡していたりすると、その者の子どもについても現在の状況がわかるまで戸籍を追っていく必要があります。

このように、事情によっては相続人を確定するのに地道な作業を繰り返す必要があり、慣れていないと思わぬ足止めを喰う可能性もあります。
親族関係がやや複雑な場合については、行政書士や司法書士等の専門家に最初から依頼してしまう方が賢明ともいえます。

当事務所では、面倒な戸籍収集業務を代行しております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせはこちら


お電話でのお問い合わせはこちら

電話のイラスト042-678-0345

受付時間:10:00〜18:00(土日、祝日除く)

メールでのお問い合わせはこちら (24時間365日受付中)


バナースペース

事務所紹介

顔写真

遺言書作成、相続手続、家族信託、エンディングノートのことなら、お任せください!
毎日、皆様からのご依頼、ご相談に対応しています!

行政書士 オフィス中島
行政書士 中島 領
   (なかじま さとる)

〒192-0352
東京都八王子市大塚626-15
TEL 042-678-0345
FAX 042-678-0331

プロフィール・事務所概要